読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれでもない

しあわせ学級崩壊「チル、幻滅。」
終演しました。

やれたことも多かったしもっとやりたかったことも沢山ある。

同じ階層のさいとうくんともっと打ち合わせてやれたこともある気がするけど、そこまで合わせなかったからこその気持ち悪さというかノイズもあったと思う。

統合失調症
色々参考にしてデフォルメしてうまく落とし込むまで時間がかかってしまった。何場かに出るんじゃなくてずっと居るからこそ、場面間の段階に嘘はつけないしでもそこを優先しすぎるとほかの場面に迷惑になってしまう。塩梅が難しくてこれはホントもっと通し稽古をしたかった。本番中も探り探りだった気がする。

しあわせ学級崩壊の出演に関して、前回ありえんエモくなってしまったのが嘘のように冷静だった気がする。まあ内容がね、自分の心を揺さぶるようなエモではなくて外側に発信してくようなものだったのもあるのだろうけど。

公演に関するメモでした。

広告を非表示にする